お客様の声

2017年9月22日 金曜日

埼玉県 Yさん

寄与分の件では、色々奔走頂いたと思います。
本当にご尽力頂き有難うございます。
無事に 終わる事が出来たことを、本当に感謝いたします。
有難うございました。

【弁護士からのコメント】
Yさんの件は、被相続人の晩年の介護について、相続人間で寄与分の主張が激しく争われたケースでした。
話合いは付かず、遺産分割調停に移行しました。家庭裁判所において主張と立証を効果的に行い、その結果、寄与分はなし、法定相続分で分割する審判を受けることができました。
いわゆる療養看護に関する寄与分の成否については、裁判所に対して行う主張と立証を整理して効果的に行うことが重要です。
そのためには、証拠収集、資料の精査など準備段階でも一般の方にとっては負担の大きな作業を行うことになります。

投稿者 松井・森岡法律事務所

初回相談・カウンセリングを行います。
「費用はどれくらいかかかるの?」「期間はどのくらい?」

など、相続に関する疑問や質問にお答えしています。
もちろん、無理に依頼を勧める事はありません。

弁護士法人マエストロ 東京事務所

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-10-42
エスペランサ神田須田町4B
TEL 03-6206-4426  FAX 03-6206-4428

お問い合わせはこちら