事務所ブログ

2017年4月24日 月曜日

戸籍取得がいらなくなる?(相続情報証明制度)

本日は、法務省平成29年5月29日から導入を検討している法定相続情報証明制度についてのブログです。

これまで、相続手続の際に必要となる金融機関法務局(登記)への申請には、申請の都度、戸籍謄本除籍謄本を添付する必要がありました。
その場合、戸籍謄本や除籍謄本などを1通ずつ取って各金融機関ごとに提出して原本を還付してもらって又その次とやっていますので、時間と手間がかかります
数十もの預金口座があると郵送の手続きだけで数ヶ月かかることもありました。

今回、法務省が検討している法定相続情報証明制度というのは、戸籍謄本の束の出し直しをしなくてよいように、登記所で登記官が相続人から提出された戸籍謄本を確認して、法定相続情報一覧図を作成し、その写しの交付を無料で行うというものです。
法務省の案内パンフレットこちらです。
これによれば、法定相続情報一覧図必要部数、発行してもらえれば、同時並行で複数の機関で相続処理が出来ることとなり、時間的にはかなり短縮できるでしょう

ただし、最初に戸籍謄本と除籍謄本は取る必要はあります
従って、親族関係が複雑な事案は戸籍の記載を読み取って、その他の相続人がいないか遡ってたどる必要があることに変わりありません
要するに同じ戸籍を複数取る必要や、金融機関ごとに原本還付する必要が無くなると言うだけです。
預金口座が多い被相続人のケースでは重宝されるでしょう。

国は、相続登記がされないまま放置されている不動産が年々増えていることに危惧を抱いており、法務省も、相続登記を促しています(写真は霞ヶ関の法務省前のポスターです)。

さて、相続情報証明制度の導入で、相続登記の件数は増加に転じるでしょうか


お問い合わせはこちらから
詳細につきましては、松井・森岡法律事務所まで(担当 松井)
電話 03-3261-7125
FAX 03-3261-7126

投稿者 松井・森岡法律事務所

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

初回相談・カウンセリングを行います。
「費用はどれくらいかかるの?」「期間はどのくらい?」

など、相続に関する疑問や質問にお答えしています。
もちろん、無理に依頼を勧める事はありません。

〒102-0083
東京都千代田区麹町3-4 麹町K-118ビル3階
TEL 03-3261-7125
FAX 03-3261-7126

受付時間 9時~18時
定休日 土日・祝日

お問い合わせはこちら