事例集

2014年6月27日 金曜日

兄弟を代理して、後妻との間の遺産分割について特別受益を主張しあった事例

 遺言書がなく、相続人が被相続人の後妻、前妻との間のお子さん2人の合計3人のケースで、お子さん2人のご兄弟からのご相談でした。双方が特別受益を主張しあう難しいケースでした。
 当事務所では、兄弟間に利益相反の無いことを確認し、ご兄弟の双方代理として遺産分割調停を申し立てました。遺産分割調停は長期に及びましたが、最終局面では双方が特別受益を妥当なところで認めて決着し、なんとか調停合意に至ることができました。

受任から解決までの時間:
2年2カ月

解決までにかかった弁護士費用(税別):
340万円


解決までにかかる時間や費用はケースごとに異なります。
詳細につきましては、松井・森岡法律事務所まで(担当 松井)
電話 03-3261-7125
FAX 03-3261-7126


投稿者 松井・森岡法律事務所

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

初回相談・カウンセリングを行います。
「費用はどれくらいかかかるの?」「期間はどのくらい?」

など、相続に関する疑問や質問にお答えしています。
もちろん、無理に依頼を勧める事はありません。

弁護士法人マエストロ 東京事務所

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-10-42
エスペランサ神田須田町4B
TEL 03-6206-4426  FAX 03-6206-4428

お問い合わせはこちら