事例集

2014年6月27日 金曜日

遺留分減殺請求権を行使し、その後遺産分割協議を成立させた事例

 遺言書において、相続分がゼロとされた相続人の方のご相談でした。遺産には多くの現預金と3つの収益不動産がありました。
 遺族から疎外され、気の毒なご依頼者でした。当事務所では、まずはご依頼者の権利を保全するため、内容証明郵便により遺留分減殺請求の意思表示をしました。その上で他の相続人と遺産分割の協議にとりかかりました。粘り強く交渉した結果、ご依頼者の方が遺産分割により多額の現金を取得することとなりました。

受任から解決までの時間:
1年


解決までにかかった弁護士費用(税別):
320万円


解決までにかかる時間や費用はケースごとに異なります。
詳細につきましては、松井・森岡法律事務所まで(担当 松井)
電話 03-3261-7125
FAX 03-3261-7126


投稿者 松井・森岡法律事務所

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

初回相談・カウンセリングを行います。
「費用はどれくらいかかかるの?」「期間はどのくらい?」

など、相続に関する疑問や質問にお答えしています。
もちろん、無理に依頼を勧める事はありません。

弁護士法人マエストロ 東京事務所

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-10-42
エスペランサ神田須田町4B
TEL 03-6206-4426  FAX 03-6206-4428

お問い合わせはこちら